こむら返りが日常化しそうな様子

23 Aug

昨年の鮎釣りシーズンから始まった私のこむら返り。熱中症の前兆といわれていますが、今年はすでに3度目です。私のこむら返りにはパターンがあります。それは釣り場で息が切れるほど歩いて、途中疲れて休憩をを必要とした日の夜必ず起こります。初めて起きた時は、太ももの裏側がつったままこのまま歩けなくなるんじゃないかと思うくらいの激痛でした。この話を釣り友に放すと、自分も毎年なっているので漢方薬を飲んでいて、これを飲むと全く起こらないそうで5袋頂戴しました。
今年はその薬の事を忘れていて6月に一度なりました。薬があったことを思い出し、その後はヤバイ日には寝る前に飲んでいました。その甲斐あって起こらなかったのですが、薬が切れてからそのパターンになった日が一度あって起こらなかったので大丈夫と思っていました。
しかし、やっぱり起こってしまいました。その日も場所移動4回と川の中を結構歩きました。足がパンパンでした。その夜寝付いて間もなく目が覚めて前兆を感じました。左足の太ももの内側に異変を感じます。来るぞ!と思ったら来ました。とにかく痛いです。自分でマッサージしていると収まってゆくと同時に右足にも異変です。右にも来ました。耐えられない痛さです。しばらくすると収まり眠りました。
薬がある時は薬の効果かはたまた薬の暗示なのかわかりませんがこむら返りは起こりませんでした。飲まないと起こります。クセ付くとちょっと疲れただけで起こりだすそうです。若いころはこんなことはなかったのですがこれも加齢によるものかと思っています。現在の心境は釣りに行きたいが寝るのが怖い状態です。

大阪 餃子

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *