室内を可能な限りシンプルにしてみた

19 Aug

物に愛着があるので不要なものを一気に捨てるという行動は起こせませんが、なるべく室内を物で溢れさせないようにしたかったのです。どうすれば良いのか考えてみたところ、レンタルボックスを契約して収納するのが最善策だと思いました。手始めに二つの道具を部屋から運び出してみると、今までより過ごしやすいと感じる部屋になったのです。部屋を訪れた知人は退屈だと言いましたが、私にとっては理想的な空間に一歩近づいたような気がします。
海外で購入した大きい壁掛け時計を取り払うと、秒針の音や現在時刻を気にしないで過ごせるようになりました。チクタクという音に気をとられて集中できないときが何度もありましたし、作業中には途中で正確な時間を知るために頻繁に時計を見ていたのです。このような無駄な時間がなくなりましたし、スケジュール管理にも支障はありません。大よその時間は、太陽の位置で判断できます。重要な用事が控えているなら、携帯電話のアラーム機能を使えば良いのです。
目的もなくテレビを視聴していることに気づいたので、レンタルボックスに収納することに決めました。静まり返った室内に変化しましたが、番組に影響されて感情が動きにくくなり疲れが少なくなったのです。その代わりとして、世の中の動きを知るために新聞を読んだり読書を楽しむ時間が増えました。テレビを好んでいたときより知識の量が増加している実感が湧くので、この取り組みは長く続けたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *