夏コミ行ってきました(1日目)

11 Sep

私にとっての夏の一大イベント。それはコミケ。目的の同人誌を買うべく1日目に参加してきました。始発から出発しましたが、徹夜並びもいるため既に2000人以上の大行列。熱い中、私も並びました。開場は10時で着いたのは6時半、約4時間は炎天下の下で待ち続けます。日焼け対策の為に日傘、冷却シート、日焼け止め、飲み物、タオル等の準備はばっちりでした。意外にも涼しかったので熱中症にもなりませんでした。いよいよ10時になり開場。多くの入場者が希望の同人誌の為、目的の場所に向かいます。会場内からはスタッフさんの「走らないでください」の声、それに従い入場者は競歩になる面白い風景です。人気がある作家さんは長い行列です。私は12時前にはすべての買い物が終わりました。大好きな作家さんにもお会いでして、pixivに投稿されている小説の感想や、大好きなアニメの話ができたり、また別の作家さんにはスケブをお願いできました。同人誌は買えたし無料配布ももらえたし大満足です。お昼過ぎたので知り合いにご挨拶に行きました。関西の方なのでこうゆうイベントでしか会えないのでお互いハイテンションでお話しました。今回はT.M Revolutionこと西川さんも物販販売で初参加していたそうですが、一番の長蛇の行列で2時間後には完売したそうです。しかも‼!ご本人も来られていて内輪配ったり、握手できたりしたと聞きました。私もそちらに並ぼうか悩みましたが、買えない確率が高いので諦めてましたが、西川さんご本人来るなら行けばよかったな~と思いました。でも、目的の同人誌はたくさん買えたし、会いたい人に会えたので大満足です。正直、私の夏はここで終わりました。次は冬なのでそちらも楽しみだし、今からお金を貯めます。

母に逃げられました

11 Sep

あと数日で会社を辞めることをまだ母に言えていません。今日こそ、話そうと夜電話をかけました。母は、いつものように明るく出ました。そして、いつものように今夜のメニューとか、弟は夜勤だとか、この前従妹が遊びに来たとか、たわいもない話をしました。今の仕事が、精神的につらいということは、これまで何度も母にもらしていました。その時々に、母の職場にいる嫌いな人の話とか、これまであった職場での嫌な事とかを話してくれて、私を励ましてくれました。会社辞めようかなと言ったことも何度もあります。そこで母は、もう少し頑張りなさいなんてことは言いません。いつだって、「いいんじゃない?辞めて、こっちに帰ってきなさい」と言ってくれます。その度に、私も半分本気、半分冗談で「そうしようかな。帰ったら働かなくてもいい?家事手伝いってことで」などと返していました。今日もまた、仕事がつらいという話をし、実家に帰ったとしたら、どこを私の部屋にするかという冗談交じりの会話をしました。その後に、「本気で今、心が折れちゃってるんだよね…」と私が言うと、突然母は、「お母さん、これからご飯食べるから!」と切り返してきました。多分、これはめんどくさい重めの話題だと瞬時に感じたのでしょう。私も必死に、「聞いてよ!逃げないでよ」と言いましたが、母は強し。「じゃあ、またね」と電話を切られてしまいました。結局、今夜も言えませんでした。今夜の母の態度から、いつでも愚痴は聞くけど、なにもかも放棄するのはらしくないといわれているような気がしました。うまくいかなくなったら、実家に帰ればいいやという考えは捨てようと思います。

アフリカの蚊は速い

11 Sep

今、私はアフリカを旅しています。そこで、居心地いいなと思ったら、お金と時間の許す限り過ごしています。開発途上国に行っても、最近はインフラも少しずつ整備され、私は電気、ガス、水道、トイレがある最低限の暮らしはできています。
そんな中 私の肌が日に日にただれてきました。理由は掻いているのです。夜中に蚊が刺しているのでしょう。許せない、と、私は戦うことに決めました。隣で寝ている黒人の友人は、真夜中全く刺されないのでスヤスヤと寝ています。
戦いは、まず耳元から始まります。「フーン」と聞こえたらとりあえず素早く電気をつけます。その場合多くは発見できるのですが、なかなか見つかりません。
見つかった!と思って、日本と同じように手で叩こうとしても、速い!捕まえられない、そして消えてしまいます!悔しいのですが、本当に速い。日本の蚊は素直で、行く方向と速度も予想がつくため、すぐに仕留めることができます。しかし、アフリカの蚊は、バスケットでいう「フェイント」をかけるかのごとくクニャクニャ動いてかつ速いのです。
捕まえられない上にマラリアの危険性が大。どうしようかと悩んでいたら、友人が起きました。本棚の後ろに置いてあったスプレーを撒き散らすと、化学物質満載の匂いが部屋じゅうに漂ってきました。しかし、見つけた蚊の速度が次第に弱まり最終的には空中でポトッと落ちてこの日は一件落着でした。
ここ最近、深夜にいつも戦っています。